夏目久樹弁護士と大久保裕史弁護士が執筆者・編集者として参画した冊子「弁護士と税理士が考える事業承継の法務と税務」(編者:名古屋税理士会(名古屋税務研究所)、東海税理士会(愛知県支部連合会)、愛知県弁護士会(隣接士業に関する特別委員会))が発行されました。

夏目久樹弁護士と大久保裕史弁護士が執筆者・編集者として参画した冊子「弁護士と税理士が考える事業承継の法務と税務」

(編者:名古屋税理士会(名古屋税務研究所)、東海税理士会(愛知県支部連合会)、愛知県弁護士会(隣接士業に関する特別委員会))が発行されました。

 

執筆箇所は、Q2-7 種類株式(議決権制限株式)、Q2-8 種類株式(黄金株)、Q2-9 種類株式(取得条項付株式)、Q2-17 納税資金対策としての持株会社の活用事例(夏目久樹弁護士)、Q3-3 株式譲渡型事業承継の際の経営者保証対応と株式売却に伴う税務(大久保裕史弁護士)となります。