弁護士プロフィール

竹 内  千 賀 子

 

 

【自己紹介】

 仕事のスタイルは、依頼者のお話を丁寧に聞き、報告・相談を密にして進めるタイプです。

 弁護士登録後6年間は倒産事件を多く扱う東京の事務所で勤務しておりましたので、M&Aに伴うデューディリジェンスや顧問先企業の日常的な相談が業務の中心でしたが、2013年に名古屋で独立した後は、離婚事件や子どもの権利に関する事件など個人の方の事件も多く経験するようになりました。

 企業法務と個人の方の事件とは、弁護士の取り扱い業務としては一見異質のもののようですが、いずれも相談者のお話を丁寧に聞き、事案の本質を理解した上で、最善の法適用あるいは主張・交渉をすればより良い解決が得られるという点は共通しています。そのため、いかなる事件であっても依頼者に寄り添い、一緒に悩み、諦めることなく最良の解決を目指します。

 また、公務員であった経験から、最近は地方自治体の政策法務にも力を入れ、地方自治体の債権回収業務や職員からの法律相談などもしております。

 

 

【主な業務分野】

企 業:倒産(破産・再生)、企業法務一般

自治体:債権管理回収、教育法務

個 人:離婚、子どもの権利(いじめ、虐待など)、債務整理

 

 

【経歴】

愛知県一宮市出身

愛知県立一宮高校卒業

1998年 名古屋大学法学部法律学科卒業

1998年 一宮市役所入職(20013月まで)

2006年 弁護士登録(59期 東京弁護士会)

            奧野総合法律事務所入所

2009年 日本証券業協会法務部(出向) 

2013年 せいりん総合法律事務所 パートナー (独立)(愛知県弁護士会に登録換え)

2017年 オリンピア法律事務所 パートナー

 

 

【所属団体等】

・愛知県弁護士会所属・弁護士

・同「倒産実務委員会」、「子どもの権利委員会」委員

・同「業務改革委員会行政とスポーツ法部会」委員

・全国倒産処理弁護士ネットワーク会員

・子どもサポート弁護団所属

・自治体支援弁護士プロジェクトチーム事務局長

・自治体等法務研究部員(東京弁護士会)

 

 

【現在の主な公職等】(20172月現在)

・一宮市公平委員

・豊田市行政不服審査会委員

・一宮市空家等対策協議会委員

 

 

【セミナー・研修講師】

・「契約書作成審査のイロハ(企業法務実務講座基礎編)」(2016年)

「紛争クレーム案件・不祥事案件の対応方法(企業法務実務講座基礎編)」(2016)

債権管理回収研修講師(東京都特別区自治体職員研修2012、内閣府「公金の債権回収に関する研修会」2014年、三重県市町村総合事務組合主催2015年、焼津市職員研修2016年、大津市職員研修2016年・2017年、和歌山県職員研修2017年、掛川市職員研修2017年、愛知県職員研修2016年・2017年、など)

「いじめ予防出張授業」(2012年~)

法務局人権擁護委員研修講師 (2014)

虐待防止ネットワーク研修講師(2014)

 

ほか多数

 

 

【著作】

・「Q&A 親子・関連会社の実務・改訂版」(共著・2007・新日本法規)

・「Q&A 株式・社債等の法務と税務・改訂版」(共著・2008・新日本法規)

・「地方自治法判例質疑応答集・改版」(共著・2009・ぎょうせい)