弁護士プロフィール

原  武  之

 

 

【自己紹介】

弁護士登録後から労務問題と倒産問題を中心に扱ってきましたが、どんな時にも意識するのは受動的に対応するのではなく主体的に積極的に対応していくことであると思っています。問題が発生してから動くのではなく、問題発生を予見し、依頼者の方が目指す方向に向けて解決策をどこまで提示することができるか、それを常に自問して業務を行っています。
 

【主な業務分野】

企業:労働問題(使用者側)、倒産、企業法務一般、M&A・組織再編
個人:交通事故、離婚、破産
 

 

 【経歴】

兵庫県西宮市出身
兵庫県私立滝川高校卒業
2000
  早稲田大学法学部卒業
2003
  弁護士登録(56期 第二東京弁護士会)
             
森・濱田松本法律事務所入所
2006
  川上・原法律事務所移籍独立(愛知県弁護士会に登録換え)
2017
  オリンピア法律事務所 パートナー
 

 

 【所属団体等】

・愛知県弁護士会所属・弁護士(2006年)
・同「司法修習委員会」、「子どもの権利委員会」委員
・全国倒産処理弁護士ネットワーク会員
 

 

 【現在の主な役職等】(2018年8月現在)
・学校法人セムイ学園(名古屋)監事
・NPO法人はんどいんはんど代表理事
 

 

 【セミナー】

・「労組対応」、「休職を巡る諸問題」、「解雇を巡る諸問題」など労働セミナー多数
 

 

 【著作】

・完全施行対応「個人情報保護法の企業実務」(新日本法規)