JAPANESE / ENGLISH / FRENCH /

弁護士

若松 万里子


愛知県弁護士会所属


―INTRODUCTION―

 貧困問題に興味を抱き,青年海外協力隊員として西アフリカのブルキナファソという最貧国で教育統計に携わっておりました。東日本大震災後のボランティア活動等を通じて,国内で困っている人を助ける仕事がしたいと思い,弁護士を志しました。
 弁護士としては、英語やフランス語を用いる国際的な案件に力を入れており、難民認定手続も行っております。
 事件の大小を問わず、より良い解決となるよう尽力いたします。

愛知県名古屋市出身
私立金城学院高等学校卒業
平成21年 南山大学総合政策学部総合政策学科卒業
平成22年~24年 JICA青年海外協力隊(派遣国:ブルキナファソ、業種:統計)
平成25年 神戸大学大学院国際協力研究科地域協力政策専攻博士課程前期課程修了(経済学修士)
平成29年 神戸大学大学院国際協力研究科地域協力政策専攻博士課程後記課程中退
平成31年 名古屋大学法科大学院既修コース修了
令和3年 弁護士登録(73期愛知県弁護士会)、オリンピア法律事務所入所

【企業】
 企業法務、M&A、コンプライアンス、労働法

【個人】
 刑事、民事、家事(離婚、相続など)

・愛知県弁護士会(2021年)

・同 国際委員会

・同 紛争解決センター運営委員会

・国際開発学会

・名古屋難民支援室

・ウィシュマさん名古屋入管死亡事件弁護団

・フランス語学力資格試験 DELF B2(2013年)

・紛争・クレーム・不祥事案件の対応方法(法務担当者向け 法務基礎シリーズ)
 事務所主催セミナー(2022年2月)

・債権の保全・回収の基礎(法務担当者向け 法務基礎シリーズ)
 事務所主催セミナー(2022年5月)